相続

ノンリコースローンと金利の仕組み

所有資産の実質的価値を損ねず節税する方法のひとつとして、ノンリコースローンがあります。 レンダー(金融機関など融資金の貸し手)が、債務者からの返済に不足が生じた時に、担保物件以外の債務者の財産までに遡及して返済を求めることができるローンをリコースローンと言うのに対して、債務者のクレジット(信用力)や財産に遡及せず、担保不動産(ローンを実行する裏付けとなっている不動産)の生み出すキャッシュ・フローとその価値処分額のみに返済原資が限定されたローンをノンリコースローンといます。