不動産投資

レバレッジ効果とは?

金融機関からの借入という「他人資本」を利用して、少ない「自己資金」で大きな資産を取得する、さながらテコの原理のようなこの手法を「ローンレパレッジ」といいます

レバレッジ効果

不動産投資を行う際、調達する資金を、白己資金と借入金で行うことにより、全額自己資金で調達したときよりも、自己資本に対する投資利回りが向上する効果のこと。

自己資金500万円で、年間34万円の家賃収入が見込める物件を購入した場合と、1000万円の借り入れをして1500万円で年間100万円の収入を見込める物件を購入した場合で比較すると、見た目の利回りは同じ6. 7% になります。
見た目は同じ利回りで、あっても、レバレッジ効果によって年間の収入額( 100万円)から利息30万円を引いた実質収入70万円であり、実際の利回りは14% とレバレッジ効果を使わない時よりも増加しているといえます。これがレバレッジ効果です。