INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビュー 社員インタビュー
不動産業界への
チャレンジ
2022年4月入社
トータルコンサルティング事業本部(第二)
Y.T
全ての方に
安心と夢を

大学時代、アルバイト先で尊敬する先輩から就職活動の話を聞き、不動産業、特に投資用不動産という商品に強い関心を持つようになりました。その先輩も投資用不動産の業界に進みましたが、何と言っても、買うだけでなく末永く通用し、手に入れた人が豊かな老後を送ることができる。そんな夢のような商品がこの世の中にあることを初めて知り、早期にこの業界にフォーカスしました。

希望職種はもちろん営業。これから出会う全ての方に「安心と夢を感じられるように」と本気で思っています。

当社しかないと
一点突破を決意

投資用不動産が主要業務で、東京に本社があり、新卒採用を実施している会社は100社以上あったと思います。大手就職媒体から投資用不動産に関係する会社を全て拾い出し、一社一社ホームページを確認。関心度の高い順番に企業を並べてトップに来たのが、環境ステーションでした。

当社で一番注目したのは、実力主義、そして人材育成制度。実績重視で成果に応じてインセンティブの支給を受けることができるのは同業他社も一緒。でも、その中でも当社は採用しっぱなしでなく、成長のための投資をあらゆる角度から惜しみなく行ってくれる会社であることを、媒体やホームページから強く感じ取ることができました。

会社説明会、面接の場でもそのような会社であることの裏付けを確認し、内定を迷わず受諾することになりました。

必要なものは全て
用意してくれる

最初に驚いたのは、内定手続の際に宅建試験対策としてテキストと過去問題集をプレゼントしてくれたこと。不動産業界にフォーカスした時から在学中に宅建の資格を取得して入社しようと考えていたため、モチベーションを維持したまま本試験に臨むことができました。また、模擬試験問題もたびたび送って下さり、大いに学習に役立てることができたおかげで在学中に合格することができました。

私は知識欲が旺盛で、常に貪欲に情報を収集し、理解を深めたいと考えています。不動産の販売には当然接客能力も必要だと思いますが、私は知識をベースとしたセールステクニックで、お客様に安心して取引していただける営業パーソンになりたいと思っています。同期のライバルは私と真逆で、人間性を前面に押し出すタイプの営業スタイルです。初契約ではわずかに遅れを取りましたが「不動産のことなら知らないことはない」といわれる営業パーソンとして、当社の中で圧倒的な地位を築いていきたいと考えています。