INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビュー 社員インタビュー
私の強みを
活かせる業界
2022年4月入社
開発事業本部 営業部
T.Y
再度の
自己分析から
リスタート

アルバイトで、オリジナルブランドを有するセレクトショップで販売員をしていたのですが、本当にそのブランド商品が好きで、そのショップのフランチャイザー正社員になると、一本軸で就職活動をしていました。ひたすらそのブランドや商品への愛をアピールする選考対策は、最終選考の壁に阻まれあえなく選外。失意の夏を過ごし秋の気配が感じられるようになったころ、ようやく就職活動のリスタートをする気持ちになることができました。

ブランドショップの店員としての将来イメージしか持っていなかった私の再スタートは、もう一度自分の強みを分析し、新しい就職活動軸を構築することから始まりました。そこで見えてきた私の強みは「ショップで培った接客力と説明力」「旺盛な探究心からなる商品知識」でした。それらが活かせる業界や職種を探し始めた時に、環境ステーションのことを知人から紹介されました。

私の強みと
業務の適正

私だけのために単独説明会を開催していただき、業界全体、当社の現状、そして仕事の内容を説明してもらいました。正直、不動産業は就職先として全く考えていませんでしたが、自分の強みと仕事の特性をすり合わせてみると、意外なほど相性が良いことに気付きました。半信半疑ながらも一次選考、二次選考をクリアし、その間に業界知識と当社の業務内容について学び深め、業務内容に興味が深まったところで役員との最終面接が行われ、無事内定をいただくことができました。

正直、セレクトショップにはまだ未練がありました。しかし、面接をして下さった方の一人から「不動産を売って稼いだお金で、その店の商品を隅から隅まで買い占めればいいじゃないか。それを頑張ったら実現できるのがこの業界なんだから」と言われた言葉で想いを断ち切り、当社の内定を受諾したんです。

生半可だった
探究心

配属部署は開発事業本部の営業課。投資用不動産でなくいわゆるマイホーム物件を販売する部署でした。配属の理由は、投資用不動産を販売するよりもっと広範な不動産の知識、情報量と提案力が必要となるため、自分には適職だろうとのことでした。何故当社のメインビジネスの投資用ではないのかと伺ったところ、私のようなショップ店員的営業気質はニーズ創造型ではなくニーズ対応型なので、会社が熟慮の末に配属をして下さった意味がよく理解できました。

配属されてからは毎日、厳しい指導を受けています。「探究心が自分の強み」と認識できたものの、この部署の先輩達のそれは自分に倍、三倍することを痛感させられました。幅広く、奥行きの深い不動産の世界の入口に飛び込んだばかりの私ですが、お客様に安心して購入していただけるだけの商品知識を備え、先輩社員を超えていきたいと考えています。