INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビュー 社員インタビュー
ビジネスライフを
謳歌したい
2022年4月入社
プロパティマネジメント事業部
S.Y
顧客獲得の真髄
「ファンづくり」に共感

小・中・高と一貫してサッカー部に所属、大学進学後はフットサル部に入部。類似競技でありながらフットサルは普及についてはまだまだ発展途上のスポーツで、大会で勝ち続けることが大学スポーツ界における知名度の向上、ひいては競技人口の拡大につながると考えて、競技のかたわら広報担当の仕事もしていました。そこで最も大事なことが「熱い試合をして、必ず勝つ」ということ。それこそがファンを獲得し競技人口の裾野拡大に貢献することだと身をもって学んでいたため、当社の掲げる「ファンづくり」という言葉が妙に胸に響いたことを鮮明に覚えています。

社員の仲の良さと
風通しの良さ

所属していた順天堂大学フットサル部は大学屈指の強豪で、大学選手権での優勝を強く期待されているようなチームでした。そのため、悔いの無い部活動生活を全うするためには就職活動に割ける時間は限られ「ある種のフィーリングで就職先を決めてしまうこともやむを得ない」と割り切った就職活動を行っていました。それでも、体育会学生に特化したエージェントのおすすめ企業の会社説明会に何社か出席しましたが、中でも当社の会社説明会は心に残るものでした。

特に先輩営業社員のクロストークは圧巻でした。予定調和は一切無いと聞いていましたが、部門、所属チーム、入社年次、新卒中途の出自など、普段は一堂に介さないメンバーが参加している学生を虜にしていく。社会に出たことがない学生へ、先輩が日々働く中での楽しさ・厳しさを自らの言葉でリアルに語って下さり、トークスキルや場の空気感を和ませることが出来る先輩の姿に「自分もこうなりたい」と明確に感じたことは覚えています。それ以来、僕の中では当社が第一志望となりました。

最終的に数社から内定をいただきましたが、やはり会社説明会で聞いた当社の先輩営業社員の印象が忘れられませんでした。誰もがファンを作れると感じた当社にお世話になりたいと素直に思い、当社からの内定を即受諾して私の就職活動は幕を閉じました。

ここから始まる
「ファンづくり」

研修ではスピーチ訓練など、話術の向上について厳しいカリキュラムがありました。簡単にできると思っていた自分でしたが、実際にやってみるとサッカーやフットサルのボールのように、自由自在に言葉を操ることは本当に難しいものだということがわかりました。

配属先はプロパティマネジメント事業部に着任となりました。新しい入居者の方、そして協力会社の仲介業者の担当の方との多くの接点がある部署です。まだ、説明会で見た先輩のように上手く話すことはできませんが、明るく楽しく誠実に、これから出会う全ての方々を自分のファンにする意気込みで頑張っていきたいです。