INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビュー 社員インタビュー
自分を活かせる
就職先探し
2022年4月入社
トータルコンサルティング事業本部(第一)
K.Y
自分の武器は
「闘争心」

高校から現在までキックボクシングを続けていて、闘争心は誰にも負けない自信がありました。「稼ぐ」ことにフォーカスした結果、不動産業への絞込みは早かったですが、面接対策のようなものはまるでせず、一つの企業に全力で挑み、ダメなら次へといった風に、自分の競技スタイルさながらの「当たって砕けろ」スタンスで選考に臨んでいました。

ある程度は自分のセールスポイントである「闘争心」が各企業に伝わったようでしたが、クリティカルヒットまでは至らず、といった感触で、なかなか次のステップに進めない状況の中で当社の一次選考面接に臨みました。そして、面接のテクニック、中でもセールスポイントが最大に活きるトークの展開の仕方を教わりました。特に、良いものを持っているのに、その場のノリで話してしまってアピールポイントがずれてしまっている点を厳しく注意されました。これほど注意されたことは他社の面接ではなかったので、当社と縁はなかったと諦めかけていたところ、面接日の夕方に「良かったよ」と次の選考の案内がきて、本当に嬉しかったことを覚えています。

素直に受け入れ
実践する

接客を伴う飲食店でのアルバイトの経験があり、トーク力にはある程度自信がありました。当社の一次選考での注意指摘を素直に受け入れ実践した結果、他社の面接においても成果が如実に顕れました。雑談ノリではなく起承転結の意識、アピール技術の向上が加わり、面接は非常にスムーズな展開となり、複数の企業から内定をいただくことができましたが、一次選考だけでなく二次選考、最終選考の場でもフィードバックや学びを与えてくれた当社で大きく成長したいと思い、当社の内定を受諾することに決めました。

この手で掴んだ
営業スタイル

配属は、希望していた営業の部署でした。自分ではあまり意識をしていなかったのですが、私には、人との距離を一瞬にして縮める人懐っこさ・・・「人たらし」の能力が備わっているようです。これは研修指導にあたって下さった先輩社員や外部の研修講師から言われたことなのですが、確かに老若男女、どんな人かを問わず、誰とでも仲良くなれることも、今思えば選考時にアピールすべきセールスポントだったかも知れません。

少々傲慢ですが、営業では全てのお客様からアポを取りたいと思っています。そのためにも、人懐っこさに加えて政治経済の知識を修得し、我々が主要ターゲットとするビジネスマンの方々が関心を持っている話題について、唸らせるようなトーク、会ってみたいと思っていただける見識を深めている日々を現在は過ごしています。

この取組が功を奏し、同期の中でトップのアポ件数、そして先日、同期で最初の契約を上げることができました。この初契約は素直に嬉しいですが、この手で掴んだ営業スタイルで、年間新人賞を獲得し、もっと大きな喜びを得たいと思っています。そして、目標とされる先輩になって来年の新入社員の方々をお迎えしたいと考えています。