相続対策

生前贈与

不動産の生前贈与

ご相談

最近流行りの生前贈与、不動産の贈与も有効ですか?
でも年間110万円までですよね?

環境ステーションからのご提案

相続において法定相続分や配偶者の税額軽減など、配偶者は最も優遇されています。

贈与に関しても優遇措置が設けられており、夫婦間での居住用不動産などの贈与については2000万円までは贈与税がかからない贈与税の配偶者控除があります。
また、子や孫に対して相続財産の前渡しとして相続時精算課税制度を活用することで、2500万円までなら贈与税は発生しません。

収益物件については、この相続時精算課税制度を使って一括で贈与し、贈与後の賃料収入を受贈者に移転することで相続財産を減らすことも可能です。

ご相談・ご依頼は
下記よりお気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせ
受付時間:平日10:00〜17:00
Webでのお問い合わせ