HOME > 社員インタビュー > Y.U

Interviews

社員インタビュー

インターンで
会社に魅せられ
宅建を取得

2017年4月入社
管理本部 プロパティマネジメント事業部
Y.U

インターンがきっかけで入社

大学2年生の時不動産に興味を持ちまして、環境ステーションのインターンに参加させていただきました。 大学では教職課程を取っていましたが、インターンの際、先輩方と触れ合う内に一緒に働けたらいいなと思うようになりました。そして、教育の勉強をするか不動産の勉強をするか悩んだ末、在学中に宅地建物取引士の資格を取得しました。もちろん、環境ステーションで働きたいと思ったからです。


ディフェンスの仕事

私の現在の業務は、賃貸仲介の不動産会社へ行って、当社の物件にお客様を入居していただけるよう営業したり、契約書を作ったりする等、営業も事務も行っております。 申し込みを受けて、入居者様がいつから住み始めるか、細かいことの調整もしています。空室期間が出てしまうとその分が損失になってしまうので、少しでも早く住んでいただけるように調整をしています。社内ではトータルコンサルティング事業本部がオフェンスだとしたら、プロパティマネジメント事業部はディフェンスの部門です。

中小企業なので大手と違って、どんなことにも柔軟に対応できるところが強みだと思います。会社の規模が大きいと、一つの業務を完結するまでの社内手続きが煩雑で、折角受けた提案なども断ってしまうこともあるかと思いますが、環境ステーションは社長までの距離が近いので、些細なことでも柔軟に対応できるところが強みだと感じます。他社では、あまり無いように思えます。


成長する会社で、自分も成長していきたい

まだ入社1年目ですが、どんどん会社が成長しています。目に見える点ではあらゆる数字です。申し込み件数もさることながら管理している物件も増えています。業務に忙殺される毎日ですが、そんな中でも、自分も会社と共に成長しなくてはいけない、もっと頑張ろう!とワクワクする日々で充実しています。


頼られる人材になりたい

まだまだ先輩・上司のお荷物でしかなく、早く戦力の1人として見ていただけるようにしっかり不動産のことを勉強しなければならない状況ですが、いずれは頼る立場から、頼られる立場にならなければなりません。一日でも早く頼られるような人材になることが、今の一番の目標です。