HOME > 社員インタビュー > K.Y

Interviews

社員インタビュー

10年後の自分を
イメージして

2017年4月入社
トータルコンサルティング事業本部(第二)
K.Y

ここで働けたらどんな人生なんだろう

銀座という東京の中心地で働くことに華やかな印象を持ちました。「ここで働く自分とは?」とワクワクし、5年後10年後の自分をイメージし、環境ステーションへの就職を決めました。
まだ入社1年目ですが、学生の頃とは違うモノの見方ができるようになり、少しずつですが成長出来ているのではないかと思っています。


配属2日目の運命の出会い

配属2日目にご契約をいただけたことには運命を感じました。今でも忘れられない出来事です。初めてのことで不安もありましたが、上司がアシストしてくれたのが大きかったです。その後は何度も壁にぶつかりましたが、配属2日目のあの時の喜びが忘れられず、今日まで頑張れています。精神的に余裕が持てないこともありますが、上司のサポートや同期とのコミュニケーション等、社内は家族のような暖かい雰囲気があるので、そんな周りの方々に少しでも恩返しをしたいと思っています。


充実した教育体制

不動産に関する知識は一切なかった私ですが、入社してすぐの研修できちんと勉強することができました。そこでは商品知識だけでなく、社会人としてのビジネスマナーも学ぶことができました。剣道をやっていたこともあり、幼い頃から礼儀作法については厳しくたたき込まれてきましたが、ビジネスマンとしての礼儀を学べたことで人として更に成長できたのではないかと思います。この仕事はお客様に自分の魅力を知っていただくことでご契約にも繋がると考えているので、言葉遣いなどの細かい作法にも気を配れるビジネスマンになりたいです。


周囲に求められるような人になりたい

剣道の道を極めていたこともあり、大学時代の部活動では、伝統的に一般企業へ就職するというケースがあまりありませんでした。私自身悩んだ時期もありましたが、今では環境ステーションに就職して良かったと感じています。学生時代では考えられなかったような出会いも沢山ありますし、会社に入って出会えた方々は、全員私の日々のモチベーションをアップさせてくれるような大切な存在です。

今の私の目標は、3年後に担当部門トップセールスマン。5年後は主担当部門でトップセールスマン。そして10年後には、周囲から求められるチーム長になることです。同期も大きな目標を持って働いていますので、切磋琢磨しながら目標まで突っ走っていきたいと思います。