HOME > 社員インタビュー > I.N

Interviews

社員インタビュー

面接官の上司を見て
自分もこうなりたい!
単純にそう思った

2016年8月入社
トータルコンサルティング事業本部(第二)
I.N

単純にこの人達みたいになりたいと思った

求人サイト上で良い事ばかり書かれており半信半疑だったのですが、後で後悔したくないという想いから、面接を受けさせていただきました。その当時の面接官が今の上司になるのですが、その人達が輝いて見えて格好良いと思ったんです。その影響が強くあって、単純にこの人達みたいになりたいと思い、その場で入社することを決めました。


営業という仕事を通して、様々な会社を訪問できる

製造業からの転職だったので、環境ステーションの営業では様々な会社に行けるのが一番面白いところです。例えば、車が好きなので車の部品を製造している会社に訪問した時は、実際の現場の話が聞けたり、訪問先が食品メーカーの場合は新商品の試食をさせていただいたりと、様々な体験ができることも楽しみの一つです。


みんなに喜んでもらえた

入社後2ヶ月ぐらいで直ぐに申し込みをもらえたのですが、それが契約直前になって断られ、初契約にならず落ち込みました。次に申し込みをもらっても、また直ぐに断りが入るのではと、前のこともあってずっと不安な毎日が続きました。だけど忘れもしない12月クリスマスイブの日、何とか正式に初契約になってもう泣くぐらい喜びました。そうしたらみんなに「おめでとう!」と言ってもらえて(その時、実際泣きました)喜んでもらえて、本当に良い会社に入れたなと思いました。


長崎から出て、憧れの東京で頑張る決意をした

僕は出身が長崎なのですが、高校を卒業したらずっと憧れていた東京で仕事がしたいと思っていました。しかし、父が病に冒され、周りの親戚には長崎に残るべきだと言われることもありました。高校卒業間近、父と話をし「絶対に嫌になって戻ってきたりせずに頑張るから、東京に行かせて欲しい」と強く熱望し説得することが出来ました。19歳の年に父を亡くし、親戚にも戻ってくるように言われましたが「東京で頑張ると決めたから戻る気は無い」と父との約束を今でも守り続けて、今、こうして頑張っている自分がいます。