HOME > 社員インタビュー > C.Y

Interviews

社員インタビュー

仕事もイベントも
一緒になって
真剣に取り組む

2017年10月入社
管理本部 契約管理部(契約課)
C.Y

「家」のありがたみを知り、不動産に興味を

もともと保育士になりたくて大学に進学したのですけれど、交通事故などの影響もあってやむなく1年目で退学しなければいけなくなりました。入院期間が長かったせいもあり、実家に帰った時に改めて家のありがたみに安心感を覚えて不動産に興味を持ちました。実は前職も不動産の仕事をしていたのですが、その時から環境ステーションと接点があり、毎回丁寧に対応していただいていたんです。また、仕事で相談する機会も多かったのですが、その時に親身になって答えていただき、他の会社とは違うところを感じてそこに惹かれました。


裏方としてバックアップする仕事

契約管理部の仕事は、裏方として営業の方々がより良い環境で仕事を進められるようなサポート業務が主です。具体的な仕事内容は、決済が終わったあとの事務処理や、決済時の売買明細のチェック、それから、契約書や鍵の管理といったことです。今年こそは、宅地建物取引士の資格を取り、きちんと不動産屋としてやっていきたいというのが第一の目標です。


何事にも真剣に取り組む姿勢に驚き

環境ステーションの特徴の一つとして、何と言っても社内の行事が多いことがあげられます。秋はコーポレートゲームズやエンバシーカップという国際交流を目的としたフットサル大会が行われ、そういったところでも、社員一丸となって実務以外の活動もしっかり取り組んでるのには驚きました。何事にも一所懸命取り組むこともそうですが、何に対しても”チームワーク”を大切にしている会社だなと思いました。営業の方々をみていると個人個人で頑張っているという印象が強かったのですが、イベントで1つのチームとしてまとまっているところを見ると、会社は一人ではなくてチームだという印象が強く残りました。また、イベントを通して話しをするようになった方々も沢山できたことから、やはり仕事以外でも一つのことを一緒にやることは大事なことであり、凄く貴重な経験になったなと思っています。


女性が働き易い環境づくりも

会社として産休を含めて、仕事と家庭を両立出来る環境だと思います。女性が働き易い環境づくりを取り組んで下さってるので、将来は自分も機会があれば結婚して子どもができて・・・と考えた時に、きちんと両立して働けるような女性でありたいなと思います。